読書のブログ 記録代わりに

読書した本を記録代わりに感想などを含めて書いていくブログです。

読書記録43 外務省に告ぐ 佐藤優 著 新潮文庫 2019/07/18

以前から、私は佐藤優はマルクスも論じることができ、なおかつ、右寄りの主張もできるのかが、不思議だった。本書の「亡き母にとって沖縄と日本」を読み、私はその不思議がすっきりした。 そして、佐藤優は月間1000枚を原稿に書ける驚異的な持ち主だが、その…

読書記録42 枝野幸男、魂の3時間大演説 ハーパー・ビジネス・オンライン 編 扶桑社 2019/07/17

現在、参院選選挙真っ最中のさなかですが、改めて枝野幸男氏の演説をまとめた本書を読み、選挙投票先を決める判断材料にすべきだと思います。 本書は、簡潔に安倍政権の問題点を指摘しています。 安倍晋三が枝野を嫌がる理由も本書を読めばわかります。 枝野…

読書記録41 ヒトの本性 川合伸幸 著 講談社現代新書 2019/07/13

本書は、人間に希望を与える本と言ってよい。 なぜなら、ヒトの本性とは、協力行動をすることだ、ということだからだ。 ヒトの本性は「利他」なのだ。 ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか (講談社現代新書) ヒトの本性 なぜ殺し、なぜ助け合うのか (講談…

読書記録40 法律を読む技術・学ぶ技術 吉田利宏 著 ダイヤモンド社 2019/07/12

法律の読み方を「かつ」「又は」といったレベルから教える本です。 実務家向けです。 元法制局キャリアが教える 法律を読む技術・学ぶ技術[第2版] 作者: 吉田利宏 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2007/04/06 メディア: 単行本 購入: 33人 クリック…

読書記録 2019年6月読書記録

6月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1324ナイス数:8発達障害者支援法ガイドブックの感想発達障害の理解を助ける本です。読了日:06月30日 著者: 心の病と社会復帰 (岩波新書)の感想現在のように就労継続支援事業所や就労移行支援がある前の…

読書記録39 どうして英語が使えない? 酒井邦秀 著 ちくま学芸文庫 2019/07/07

学校英語への容赦なき批判です。 受験参考書「でる単」「基礎英語公文700」を詳細に分析し、受験では使えても現実には使えない悲惨な本とみる。受験では使えても、現実には使えないということは受験英語が到達点である学校英語そのものが非現実であり、架空…

読書記録 38 発達障害者支援法ガイドブック 発達障害者支援法ガイドブック編集委員会 編 2019/06/30

発達障害の理解を助ける本です。 発達障害者支援法ガイドブック 作者: 発達障害者支援法ガイドブック編集委員会 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2005/05/20 メディア: 単行本 クリック: 11回 この商品を含むブログ (4件) を見る

読書記録37 心の病と社会復帰 蜂谷英彦 著 岩波新書 2019/06/30

37 現在のように就労継続支援事業所や就労移行支援がある前の精神疾患者の社会復帰の本です。 きめ細かな支援が就労支援の成功のポイントという事がよくわかります。 心の病と社会復帰 (岩波新書) 作者: 蜂矢英彦 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1993/04…

読書記録36 はじめての労働基準法 100問100答 神田 将 著 明日香出版 2019/06/21

労働基準法の基礎を理解できます。 そして、通常、私たちが何気なく使っている言葉である非正規や正規も法律用語ではなく、倒産も法律用語ではないことも知りえます。 ちなみに就業規則は労基署へ届けた法的根拠があるものですが、社則には単なる経営側のマ…

読書記録 2019年5月 読んだ本リスト

5月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2201ナイス数:13魂鎮への道―BC級戦犯が問い続ける戦争 (岩波現代文庫)の感想本書は南方戦線で痛ましい戦争体験に遭遇した大日本帝国軍を掘り起こすルポルタージュです。著者自身が、有期刑の戦犯であり、…

読書記録35  21世紀の企業像 奥村宏 著 岩波書店 2019/06/15

本書は、日本企業の日本型経営を批判し、大企業解体を通じて21世紀の企業像を探る本です。 21世紀の企業像 (同時代ライブラリー (306)) 作者: 奥村宏 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1997/06/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

読書記録34 日本語論理トレーニング 中井浩一 著 講談社現代新書 2019/06/15

本書は、日本の国語教育は、道徳教育と呼ばれるようなものだとバッサリ切り捨てています。私もこの見方に頷きます。 本書はその日本の国語教育に正反対である論理的に読む訓練のための本です。 何回か読んでいこうと私は考えています。 正しく読み、深く考え…

読書記録33 魂鎮への道 飯田 進 著 不二出版 2019/05/29

本書は南方戦線で痛ましい戦争体験に遭遇した大日本帝国軍を掘り起こすルポルタージュです。著者自身が、有期刑の戦犯であり、絞死刑とわけ隔てたものは何なのか。自己反省を伴いながら、中国大陸での大日本帝国軍の残虐性を指弾し、戦争の悲惨さを訴える「…

読書記録31 天皇の軍隊 本多勝一・長沼節夫 著 朝日文庫 2019/05/26

いかに天皇の軍隊が中国大陸で残忍、残虐なことをしてきたかをたどる歴史ルポルタージュです。 本書で初めて知ったが、天皇の軍隊は、食料がなくなると中国人を殺して食べたのだ。 おそろしや、天皇の軍隊!

読書記録30 天皇制と民衆 後藤靖 編 東京大学出版会 2019/05/26

古代律令制がなぜ倭国で進行したか。読み始めなので古代史の部分だけのメモです。 なんと、唐に対して新羅と対抗できうる国家体制をつくるというという政治理念とともに、天皇が祭り上げられていくのである。さらに、倭国は新羅とほぼ平行して律令制を作って…

読書記録 2019年4月の読書記録 

4月の読書メーター読んだ本の数:2読んだページ数:766ナイス数:4明治日本労働通信―労働組合の誕生 (岩波文庫)の感想著者は、憲法委員会のメンバーであった高野岩三郎の実兄である。その実兄が日本で最初の労働組合を作ったのである。 著者・高野房太郎はア…

読書記録29 いかそう日本国憲法 奥平康弘 著 岩波ジュニア新書 2019/05/06

なぜ、自衛権さえ否定している憲法第9条がある国・日本で軍事大国化が進むのかを憲法と絡めて論じる。 本書を読んで小沢一郎がキレモノという私の評価が見事に粉砕される。 そして、またひとつ、わかったのは、「集団的自衛権」に対し、「個別的自衛権」は「…

読書記録28 野党協力の深層 平野貞夫 著 詩想社 2019/05/06

読後、やはり小沢一郎はキレモノか、と思ったが、 その後、読んだ、奥平康弘氏の「いかそう日本国憲法」(岩波ジュニア新書)で木端微塵に小沢一郎の「国際貢献論」が粉砕されていて、キレモノの評価をやはりやめる、 文中が「和暦」表記であるので、時代感…

読書記録 27 知的トレーニングの技術 [完全独習版] 花村太郎 著 筑摩学芸文庫 2019/05/06

知の身につけ方のハウトゥー本。 元は別冊宝島から刊行されていた本である。 山口昌男だとかジャン・ボードリヤールだとか、時代を感じさせる。

読書記録26 憲法と天皇制 横田耕一 著 岩波新書 2019/05/06

ヒロヒトが死んだときに発表された憲法と天皇についてとは何かを、憲法学者が明解に示す極めて重要な本です。 昨今、アキヒトからナルヒトへ代替わりしたばかりだから、なおさら、天皇制と憲法の関わりを知る上で重要な本です。

読書記録25 明治日本労働通信 高野房太郎 著 2019/04/14

著者は、憲法委員会のメンバーであった高野岩三郎の実兄である。その実兄が日本で最初の労働組合を作ったのである。 著者・高野房太郎はアメリカに住んでいるとき、労働運動に目覚め、アメリカ総労働同盟の創始者・ゴンバーズの知己を得て、日本でのオルグ担…

読書記録 2019年3月記録

3月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:1587ナイス数:29労働者の法律問題 (1963年) (岩波新書)の感想 本書を読むと団結権が生まれた歴史的経緯までわかる。 労働組合がなぜ労働者にとって必要かを根本的に書いてある。 それは、生存のための権利…

読書記録24 戦後日本の労働運動  大河内一男 著  岩波新書 2019/04/06

労働省ができたのはGHQ占領日本での社会党片山内閣のとき、激越な労働運動に対応した苦肉の策だったことも本書で私は初めて知った。 本書は労働運動からみた経済史ともいえる。 本書は昭和20年代から30年代にかけての労働運動を中心に書いてあるが、そのとき…

読書記録23 労働者の法律問題 後藤昌次郎 著 岩波新書 2019/03/30

最初から突っ込んだ問題から始めている。これは凡百の労働本ではない、と私は断言する。 本書を読むと団結権が生まれた歴史的経緯までわかる。 労働組合がなぜ労働者にとって必要かを根本的に書いてある。 それは、生存のための権利、だからだ。 余りにも本…

読書記録22 人間マルクス ピエール・デュラン 著 岩波新書 2019/03/10

1971年、岩波新書で刊行された本書にも、マルクスの墓は暴漢によって破壊されたと書かれてある。最近もマルクスの墓は落書きをされた。マルクス、憎まれやすいのか。 本書は、マルクスとその妻ジェニーとの愛を巡って書いてある。結婚する前のジェニーのマル…

読書記録21 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 著 岩波文庫 2019/03/10

主人公コぺルの友人・浦川くんは豆腐屋のせがれだが、それを「貧しき友」という章のタイトルにするそのセンスの悪さにあきれました。 とはいえ、友情や裏切りという道徳的概念をわかりやすく教えるには、本書が最適かと私は判断します。 そして、もう一つわ…

読書記録20 「天下り」とは何か 中野雅至 著 講談社現代新書 2019/03/06

本書を読んでわかったこと。 ・天下りは公務員の老齢年金が海外に比べて低いから行われてしまうこと。 ・天下りを公務員全員が行なっているわけではなく、中には自主的に再就職を目指す者もいるということ。 ・天下りした先で退職し退職金をもらい何社か周り…

読書記録19 障害年金というヒント 中井宏 監修 最強の社労士チーム 共著 三五館 2019/03/04

誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント 作者: 岩崎眞弓,白石美佐子,中川洋子,中辻優,吉原邦明,中井宏 出版社/メーカー: 三五館 発売日: 2014/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 本書は読んだほうが良い、というか、読む…

読書記録 2月まとめ

今回はあまりにも読書冊数が少ない。 「天皇制に関する理論的諸問題」を読むのが困難だったからだ。だが、本書のおかげで天皇制について何が問題点であるかもわかった。 本書はもっと広く知られてよい。 天皇制に関する理論的諸問題 (1970年) (三一選書) 作…

読書記録18 人に強くなる極意 佐藤優 著 青春出版社 2019/03/02

佐藤優がいかに良心的な人かわかる本ですね。 社会性がないとかそういうことで悩んでいる人は佐藤優のこの本を読んで「生き方」を学んだ方がいいですね。