読書のブログ 記録代わりに

読書した本を記録代わりに感想などを含めて書いていくブログです。

読書記録29 いかそう日本国憲法 奥平康弘 著 岩波ジュニア新書 2019/05/06

f:id:adhddeshita:20190502065940j:image

なぜ、自衛権さえ否定している憲法第9条がある国・日本で軍事大国化が進むのかを憲法と絡めて論じる。

本書を読んで小沢一郎がキレモノという私の評価が見事に粉砕される。

そして、またひとつ、わかったのは、「集団的自衛権」に対し、「個別的自衛権」は「合憲」という判断が現在では主流だが、「個別的自衛権」もまた、自民党政府が野党からの追及に対し、1950年代政府答弁として解釈改憲として発表された言葉であるということである。自民党政府は自衛隊を「戦力ではなく実力」と開き直っていた。

しかし、私は「個別的自衛権」もまた日本国憲法に抵触していないか、と本書を読むまで、薄々感づいていた。だが、大勢は「合憲」「専守防衛憲法は認める」という声でいっぱいだった。私は、「専守防衛憲法は認める」という言葉は自民党が使っていた言葉であることは知っていたので、大勢に違和感を抱き、「個別的自衛権は合憲」という声にも違和感しかなかった。

本書を読んで、僕の違和感は正しかったのだ。

そして、最初に戻るが、小沢一郎は見事に粉砕されている。

湾岸戦争当時の小沢は自衛隊を国連へ預けるから国権の発動ではないから憲法を改正しなくてよい、と主張していたが、なんのことはない、自衛隊を国連へ差し出す行為も「国権」だと小沢を批判し、そもそも小沢が唱える「国連常備軍」など存在しない、と切って捨てている。

湾岸戦争当時の「第9条論争」をよく理解できる本だ。

湾岸戦争当時、柄谷行人湾岸戦争に反対しない者は今後の戦争も反対しないだろう、と予言していたが、実際、日本は戦争に反対できないでいる状態へ追い込まれていく。

それが先の「個別的自衛権は合憲」という主張が多くなったことだ。

そして、本書が「防衛庁防衛省へ格上げするかもしれません」と述べているように、防衛庁防衛省へ格上げした。

さらに、すでに小泉元首相の自衛隊イラク派兵で「実質の集団的自衛権」は行使されている現状もある。小泉はこのとき「個別的自衛権だ」といいはり、その後付け論理で官僚は「集団的自衛権」を考え、安倍首相が閣議決定した。安倍首相はアメリカが攻撃されたら同盟国の日本が攻撃する、という全く非現実なことを述べて、日本を唖然とさせた。

そう、日本は着々と戦争へ向かっている。

 

いかそう日本国憲法―第九条を中心に (岩波ジュニア新書)

いかそう日本国憲法―第九条を中心に (岩波ジュニア新書)

 

 

 

読書記録28 野党協力の深層 平野貞夫 著 詩想社 2019/05/06

f:id:adhddeshita:20190427204949j:image

 読後、やはり小沢一郎はキレモノか、と思ったが、

その後、読んだ、奥平康弘氏の「いかそう日本国憲法」(岩波ジュニア新書)で木端微塵に小沢一郎の「国際貢献論」が粉砕されていて、キレモノの評価をやはりやめる、

文中が「和暦」表記であるので、時代感覚がつかめない。

著者が不破哲三の兄貴の上田耕三郎の晩年と親しかったことがわかるレア政治知識の本でもある。

 

 

 

読書記録 27 知的トレーニングの技術 [完全独習版] 花村太郎 著 筑摩学芸文庫 2019/05/06

f:id:adhddeshita:20190424072816j:image

知の身につけ方のハウトゥー本。

元は別冊宝島から刊行されていた本である。

 

 

山口昌男だとかジャン・ボードリヤールだとか、時代を感じさせる。

 

読書記録26 憲法と天皇制 横田耕一 著 岩波新書 2019/05/06

f:id:adhddeshita:20190406133104j:image

ヒロヒトが死んだときに発表された憲法天皇についてとは何かを、憲法学者が明解に示す極めて重要な本です。

昨今、アキヒトからナルヒトへ代替わりしたばかりだから、なおさら、天皇制と憲法の関わりを知る上で重要な本です。

 

 

読書記録25 明治日本労働通信 高野房太郎 著 2019/04/14

f:id:adhddeshita:20190406133313j:image

著者は、憲法委員会のメンバーであった高野岩三郎の実兄である。その実兄が日本で最初の労働組合を作ったのである。

著者・高野房太郎はアメリカに住んでいるとき、労働運動に目覚め、アメリカ総労働同盟の創始者・ゴンバーズの知己を得て、日本でのオルグ担当を任せられる。

著者は労使協調路線であり、急進的な社会主義と袂を別つ穏健的な労働組合を目指していた。

その労働組合ができる苦闘や、当時の労働者の生活ぶりがよくわかる貴重な資料である。

労働組合について一家言がある人間は必携の書物である。

読書記録 2019年3月記録

3月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1587
ナイス数:29

労働者の法律問題 (1963年) (岩波新書)労働者の法律問題 (1963年) (岩波新書)感想
本書を読むと団結権が生まれた歴史的経緯までわかる。 労働組合がなぜ労働者にとって必要かを根本的に書いてある。 それは、生存のための権利、だからだ。 余りにも本書は労働者の立場に立ち、非常にシンプルな言葉でなぜ団結権があるのかなどをカラダにしみこむかのように書いてある。全国の労働者はこの本の復刊を岩波へ要求しよう。 私はサイトを通じ復刊を要求した。
読了日:03月30日 著者:後藤 昌次郎
人間マルクス  その愛の生涯 (岩波新書)人間マルクス その愛の生涯 (岩波新書)感想
本書は、マルクスとその妻ジェニーとの愛を巡って書いてある。 結婚する前のジェニーのマルクスへの手紙は愛に憑かれた女神のようである。 マルクスとヘレーネ・デムートのあいだに生まれた子供であるフリードリヒ・デムートは、1929年1月28日、莫大な遺産を残して死んだことを本書で知る。 カールとジェニーは固い愛情と絆で結ばれていた。 マルクスはジェニーを深く愛していた。 マルクスの「愛」がわかる本である。
読了日:03月10日 著者:ピエール・デュラン
君たちはどう生きるか (岩波文庫)君たちはどう生きるか (岩波文庫)感想
主人公コぺルの友人・浦川くんは豆腐屋のせがれだが、それを「貧しき友」という章のタイトルにするそのセンスの悪さにあきれました。 とはいえ、友情や裏切りという道徳的概念をわかりやすく教えるには、本書が最適かと私は判断します。 本書が新潮社小国民文庫で出版された1937年は満州事変が1931年に起き、軍国主義台頭著しい日本のその年です。
読了日:03月10日 著者:吉野 源三郎
「天下り」とは何か (講談社現代新書)「天下り」とは何か (講談社現代新書)感想
本書を読んでわかったこと。 ・天下りは公務員の老齢年金が海外に比べて低いから行われてしまうこと。 ・天下りを公務員全員が行なっているわけではなく、中には自主的に再就職を目指す者もいるということ。 ・天下りした先で退職し退職金をもらい何社か周り退職金を得る通称「わたり」という存在がいること ・戦前の内務省の高級官僚には、当時の製造業労働者賃金の4倍と同じくらいの額の恩給をもらえたこと。 などなど、知られざる「天下り」についての知識を我々国民が得るにはうってつけの本です。
読了日:03月06日 著者:中野 雅至
誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント感想
本書は読んだほうが良い、というか、読むべきです。 障害年金の基礎知識がわかります。 年金未納の人は悔い改めて本書を読み、自分が障害になるかもしれないリスクを考え、年金ははらいましょう。 これを監修したのが、脳脊髄液減少症患者の方とは。驚きです。確かに書いているのは、ほかの社労士ですが、だとしても、偉業です。
読了日:03月04日 著者:岩崎 眞弓,白石 美佐子,中川 洋子,中辻 優,吉原 邦明
人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)人に強くなる極意 (青春新書インテリジェンス)感想
佐藤優がいかに良心的な人かわかる本ですね。 社会性がないとかそういうことで悩んでいる人は佐藤優のこの本を読んで「生き方」を学んだ方がいいですね。
読了日:03月02日 著者:佐藤 優
インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説インチキ科学の解読法 ついつい信じてしまうトンデモ学説感想
疑似科学を徹底批判する本です。 フロイトを文学的素養がある偉人ではあるがその功績は推測という評価は面白い。 もっと面白かったのはニュートンだ。 ニュートン錬金術と聖書予言解読に人生をささげた人であり万有引力の発見はニュートンからしてみたら余芸のようなものだと捉えられていることを私が本書で知ったことだ。 なかなか面白いでしょ。
読了日:03月02日 著者:マーティン・ガードナー

読書メーター

読書記録24 戦後日本の労働運動  大河内一男 著  岩波新書 2019/04/06


f:id:adhddeshita:20190310214200j:image

 

労働省ができたのはGHQ占領日本での社会党片山内閣のとき、激越な労働運動に対応した苦肉の策だったことも本書で私は初めて知った。

本書は労働運動からみた経済史ともいえる。

本書は昭和20年代から30年代にかけての労働運動を中心に書いてあるが、そのときでも企業別組合は本工・常用工、本社員としての正職員だけが加入を認められ、臨時工、社外工、臨時職員は認められていなかった。

戦後まもないころから、すでに現在に至る非正規への労組の締め出しは行われていたのである。

戦後労働運動の歴史を概観できる重要な書物です。